人工授精や体外受精にも?

pills and treatment costs

排卵を促す排卵誘発剤クロミッドは、排卵障害ではない不妊の場合にも使われることがあります。
排卵はきちんと行われていても、子宮内膜に問題があって着床できない不妊の場合など不妊のケースは様々ありますが、様々な不妊治療の最終手段として、人工授精や体外受精などが行われることがあります。人工授精の際には排卵が行われている必要がありますし、体外受精の場合には卵巣から卵子を一度体外へ取り出す必要がありますが、その卵子が成熟している必要があります。成熟した卵子が確実に排卵される人なら問題ないのかもしれませんが、人工授精や体外受精の確実性を上げるためにも、排卵誘発剤が用いられるわけです。
【排卵障害に効果的】のページ内でも説明しましたが、排卵誘発剤のクロミッドは卵子の成長を助け、排卵を促してくれます。しかも排卵誘発剤の作用として、複数の卵子が排卵されることがあります。医師の立場からは複数の卵子の排卵による多児妊娠というのはリスクもあり副作用として挙げられる作用ですが、確実に1個以上の卵子が排卵されるのであれば、不妊治療の長期化も防げますし、薬の服用による母体への影響や金銭的負担なども軽減できます。

実はクロミッドの副作用として他に、子宮内膜が薄くなるなどがあります。
子宮内膜が薄くなってしまうと、受精までがうまくいったとしても、そのあと受精卵が着床したり受精卵が発育していく段階で悪影響が出てきてしまいます。だから排卵誘発剤は長期服用をせず、短い期間でクロミッドをうまく活用して妊娠を助ける必要があるわけです。