排卵障害に効果的

girl is sad

不妊の原因は様々なので不妊治療も実に様々なものがありますが、不妊治療を始めた方の多くが経験することになるのが、排卵誘発剤を服用するというものです。
排卵誘発剤はその名の通り、排卵に働きかけるものなので、主に排卵障害がある方に有用です。
排卵障害には、月経不順や無排卵月経など排卵が周期的にできていないために妊娠できないケースや、排卵はされていても卵子が未成熟により妊娠ができないケースなどがあります。このような排卵障害に対応するための排卵誘発剤には、卵子の成長を促す効果や排卵を促す効果があります。排卵誘発剤の種類によって、卵子の成長を促す効果に特化したものや、排卵を促す効果のみがあるものなど効果に差があります。治療の過程で実際に服用し、時には効果が強いものに変えていったり、効果の異なる排卵誘発剤を組み合わせたりしていきます。

不妊治療の初期段階、排卵誘発剤を試してみる際に選択されることが多いのが、「クロミッド」です。
クロミッドは卵子を育てる効果がメインですが、排卵を促す効果も期待ができる排卵誘発剤です。また服用時の吐き気や頭痛などの副作用が少ないということもあり、服用しやすい薬でもあります。服用も症状の状態に合わせ、1日1~3錠を生理周期の3日目から5日間服用するという方法なので、その方法自体も難しくなく取り組みやすいものですね。
クロミッドを服用すれば、卵子が成長し、1個以上の排卵が期待されます。確実に排卵される上に、排卵日の予想もつけやすいので、それに合わせてセックスを行えば自然妊娠の確率が格段に上がるというものです。